VERTUEUX Product Line Up

Essentials Home

フォーミュレーターについて

 

 

 

ジャーメイン・リッチ   Germaine Rich, FIFA

1965年にアロマセラピーの認定を受け、アロマセラピストとして40年近い経験をもつ。
イギリスに、フランスから現代アロマセラピーをもたらしたミシュリン・アルシェ女史に師事し、ロンドン、ナイツ・ブリッジ・クリニックにてアロマセラピストとして従事する。この間、ヨーロッパに医療の代替療法としてアロマセラピーを広めたフランス人医師パルネ博士のもとに師事し、セラピストとして学識を深めた。70年半ば、アメリカ西海岸ビバリーヒルズを皮切りに、アメリカへの普及にも努める。
1985年、世界で初めてのアロマセラピスト組織であるIFA(国際アロマセラピスト協会‐International Federation of Aromatherapy)を創設する。
アロマセラピーの普及活動、教育規定の確立、医療機関へのアロマセラピストの派遣活動を促進させ、現代医療の代替療法としてのアロマセラピーの基礎を築いた。
1985年、ロンドン郊外にスー・ビーチリー、ジェラルデイン・ハーワードとともに「アロマセラピー・アソシエイツ」を設立し、アロマセラピー関連商品の商品開発、セラピストのトレーニングに力を注いだ。

1998年まで、イギリス政府機関であるAOC(アロマセラピー組織審議会)の執行委員を務める。現在、IFAのフェローとして活躍すると同時に、イギリスVivat Holistic Training Schoolを運営しアロマセラピストの育成に携わる中、イギリスを始め欧州各地、米国、日本においてアロマセラピーの講演や技術指導を行っている。

Vertueuxシリーズにおいて001 から009のオイルにおいてGermaine Richは調合に携わっている。

吉田泰子   Yasuko Yoshida, MIFA

フランス、イギリスにてアロマセラピーを主として本格的な自然療法の知識を学ぶ。
欧州在住中、大陸として多様な人種が歴史的にも交じりあうヨーロッパにおいて、西洋人が、各地からの病気の伝承などで培った遺伝的に強い免疫力を保有していることを施術の経験をとおして学ぶ。一方、日本人が島国の単一民族で比較的他民族からの病気感染や、他国の食物の流通が少なく健康を守られてきて、現代社会において日本人が西洋から入いる食生活、薬、スキンケアなどの化学合成物質に不適合を起こして心身に影響している症例にも気づくようになる。帰国後、日本を取り巻く現在の社会環境、大気汚染などの健康上の問題をかんがみ、日本人の体質に合わせたアロマセラピーオイル、トリートメントを開発することを2002年から恩師、ジャーメイン・リッチと取り組む。

同年から、エッセッンシャルオイルにはワインの品種のように有機物質としてグレードがあることから、人体に過去の医療臨床データ上、最もよき結果を記した品種を採取できる信頼のおけるオイルトレーダーを探索し始める。2002年、世界各国の森林地帯の奥地まで自らが出かけ土だけ変えるのではない種の植え付けからの有機農法を直接指導しているオイル製造業者と出会う。世界各国の上質な品質のオイルを現地から仲介業者を一切通さず直接買い付けをする機能を確保し、質、鮮度を保ち、調合に着手する。2004年本格的な療法用アロマセラピー・オイルVertueuxを日本人の体質と環境を鑑みて9種類の商品を完成させる。

2005年、90年代香港在住時に学んだ東洋医学の漢方をはじめとする「予防」の観点から東洋の陰陽説、五行説と植物の関わりを、西洋のアロマセラピー理論と融合させた陰陽シリーズのオイルを開発、各オイルの調合を担当する。

現在もVertueuxの商品開発を続けている傍ら、日本の医療機関・リテール機関を通して、自然療法の普及に努めている。