VERTUEUX Product Line Up

Essentials Home

アロマセラピーについて

1.アロマセラピーの効能

植物は現在、汚染が進む地球上で最も「免疫力」を持った生物と言われています。 植物はもともと地に根を張り、他の動物のように、外敵に襲われることがあっても自分で逃げることができない生き物です。長い年月の中、植物は枝や茎が折られたり、蜂など昆虫により外から好ましからぬものを運ばれた時など危機に立ち向かえるよう自分の各部位に、消炎作用、抗菌作用、 細胞生成作用などのエッセンス(精油)を内蔵し身を守ってきました。

何千年の歴史の中、人々はこの植物のエッセンスの効能が人体にも移行でき、人間にもこの抗菌力や抗炎症作用が効くこと、傷の回復など細胞生成にも役に立つことなどを発見し、生活の中に取り 入れてきました。 これがアロマセラピーの原点です。
近代になると科学が進歩し、この植物の各部位のエッセンスを合成コピーする技術が生み出され 化学薬品ができました。西洋医学もこの化学薬品とともに発展してきましたが、その研究の基礎と なったものは植物と言えましょう。

なぜ今、この植物の効能をもちいるアロマセラピーが注目されるのか。
それは、現代生活において、化学物質の汚染、電磁波、有害紫外線、排気ガス、そして化学薬品の副作用と人々はかつてないリスクのある環境にさらされ、疾病に落ち入らないよう免疫力を自ら体内で高めることが必須となってきています。 「免疫力」を高める化学薬品というものは未だ現代医学において開発されていないのです。

免疫力とは何か。
人間は、自律神経、血液、リンパ機能を正常化することにより自らが病に立ち向かい回復する能力があると言われています。アロマセラピー療法が近年、体系化が進み医療の補完療法(代替療法)と なってきているのも、欧米では植物のエッセンスが、この人間の免疫力を高める効能があることに 着目しているからです。臨床を重ね、今では保健医療の扱いとしてアロマセラピーを受け入れている国々がヨーロッパでは 増えつつある状況で、日本でもその動きが着々と進んでいます。

  1. アロマセラピーの効能
  2. アロマセラピーは「オイル」が決め手
  3. 調合者について